4204336_l.jpg

ホストタウンについて

ホストタウンとは、日本の自治体と、2021年東京で開催の国際スポーツ大会国・地域の住民等がスポーツ、文化、経済などの多様な分野で交流することを通じて、地域の活性化等に活かし、大会の事前キャンプの交流だけでなく、末永い交流を実現することを目的とした取組です。誰もが国際スポーツ大会に関われるのがホストタウンの醍醐味になります。

過去の大会にはない取組で、2020年12月25日時点で登録する自治体数が513、受け入れる相手国・地域数が182となっています。

ホストタウン交流イメージ (内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局より)

0301交流イメージ.png
ホストタウンについて2.png

​ホストタウン交流の一例

​ホストタウン 各エリアの登録状況

0301北海道.png
0301東北.png
0301北陸.png
0301関東甲信越.png
0301東海.png
0301近畿.png
0301中国.png
0301四国.png
0301九州沖縄.png

事前キャンプは、各国の競技団体等が時差や気候への順応のために大会前に任意に行うトレーニングキャンプであり、開催都市だけでなく開催国内や近隣国等で実施されるものです。本大会においては、ホストタウン登録自治体の約7割がキャンプ地となっています。

事前キャンプとは

選手団の動き.png